未分類

突然姿消した"コロナの女王"岡田さん、久々のテレビ登場

投稿日:

毎朝のように顔を見ていた白鴎大学教授岡田晴恵さんが突如、テレビから消えてしまい心配していたが、文化の日、本当に2ヶ月ぶりくらいにテレビ朝日『羽鳥のモーニングショー』に出演、また感染者激増の気配がするコロナについて注意を呼びかけた。

突然、テレビから姿消していた"コロナの女王"

とにかくあれだけ情報番組やワイドショー引っ張りだこで大活躍だったのに、突然、"コロナの女王"の姿が見えなくなっていた。

政府のコロナ対策や、政府寄りの医師、研究者らの意見に反することもはっきりと言っていた。
だからテレビから消えたのは政権の圧力か?テレビ局の政権への忖度じゃないのか?など、様々な憶測が流れていた。

ハードスケジュールにかなりお疲れだった

テレビ出演を控えていたのは、相当、お疲れだったから?

どうもそうではないようだ。
先日、AERAで作家の林真理子さんと対談していたが、どうもハードスケジュールで相当、お疲れだったようだ。

例えばモーニングショーだと午前4時には起床、6時にはテレビ局入り。終わっても打ち合わせなどで帰宅は深夜だったとか。

さらに服装から髪型まで視聴者のチェックも厳しく、いわれなきバッシングもたくさんあったのではないだろうか
(あったようだ)
コロナの女王と呼ばれるのは、本当に嫌だったらしい。

だんだんお洒落になっていくなどと言われたが、服装などは昔から無頓着で、通販が主流。しかしテレビに出るようになって『もっと服装に気を遣って…』とのアドバイスもあったとか。

元厚労省感染研で、ウイルスの危機管理対策の専門家

岡田さんは元々、厚生労働省の国立感染症研究所(感染研)で、感染症の対策にかかわっていた。
パンデミック対策や、流行時に備えた危機管理対策を10年以上前にやっていた専門家だ。

そんな研究者だから新型コロナウイルス感染についても、感染対策については傾聴にあたいすることばかりだったが、これにもケチをつける外野の声もあった。

久々のモーニングショーでは、コロナウイルスは寒さで感染力が格段に長く、強くなることを指摘。冬に向け感染拡大への注意、対策を呼びかけていた。
私は岡田先生のお話が一番、理解しやすいが、どうなんだろう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.