未分類

紀州のドンファン、下半身裸が怪死のカギ⁈ クスリ服用の事故死では。

投稿日:


殺人か事故死か、はたまた自殺か?


登場人物が少ないから、直ぐに解決かと思われた紀州のドンファンこと、野崎幸助さん(77)怪死事件。そもそも"急性循環不全"って、簡単に言うと死因がはっきりしないための死因。だから殺人なのか事故死なのかはたまた自殺なのか、まだまだ闇は深いようで。

これまではっきりしているのは、遺体から多量の覚せい剤が検出されたこと。それは注射ではなく、口から服用していること。しかし致死量であったかどうかは不明。

もちろん、覚せい剤を大量に摂取すれば死に至るが、人によって、健康状態によって相当、致死量は異なる。

だから殺すために覚せい剤を飲ませたのでは〜との推論は立つが、決めてにはならない。

よしんば飲また人物が特定できても、引っ張る容疑は覚せい剤取締法違反だろう。

2月に入籍した55才年下の妻は、早くも離婚したがっていたと、言われている。予約していた結婚式場もキャンセルされていた。

葬儀のあと妻が『早く2億円もらって東京に帰りたい』と話したのを聞いた人がいるが、この2億円はなんの根拠だろうか。

彼女は法定相続人だから、当然、もっと多額な遺産が入るはずだが…


裸での死亡がナゾを解くカギか⁈


私がずっと気になっているのは、野崎さんの遺体はソファーに腰を掛けているのに、下半身、裸だったことだ。いくらスケベなオヤジでも、自室で下半身裸はあり得ない。

家政婦さんは妻に続い遺体を発見したが、4時から7時半くらいまでは外出中。毎日、この時間は夫婦2人のために家を空けていたという。

話しは覚せい剤に戻るが、覚せい剤取締法違反での検挙者で、クスリを初めて使用したきっかけはセックスのためというのは、結構ある。私も事件記者時代、何度も聞いた。


精力剤としてのクスリ服用の可能性は?


野崎さんは77才とはいえ、絶倫を売りにし、100才まで現役でいくと、公言していた。もちろん、ED薬は飲んだこともないと。

しかしテレビに映る生前の画像を見ても歩き方はややぎこちなく、本人が言うようにスーパーマンの感じはしない。

あくまで推論だが、家政婦さんが外出中、野崎さんは妻を抱こうとしたのかもしれない。そこで精力剤として、覚せい剤を自分で飲んだか、勧められ、その後、体調が急変したのでは。

気分が悪くなり、ソファーで休み、妻が階下に降りた間に亡くなったのかもしれない。

やはり下半身の裸の状態で亡くなっていたことが、原因究明のカギとなる気がする。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.