未分類

紀州のドン・ファン怪死事件から1年。私はやはり事故だと思う

投稿日:

 

早、1年だが覚醒剤の経路さえ掴めず

ドンファン変死事件。私はずっと事故だと言ってきた。いまだに犯人に繋がる手がかりはなく、やはり事故だと思う。

多くの女性との交遊から"紀州のドンファン"として有名だった資産家の、和歌山県田辺市、野崎幸助さん(当時77)が急性覚醒剤中毒で急死して5月24日で丸1年が経過した。
和歌山県警は事件、事故の両面で捜査してきたが、野崎さんと覚醒剤との接点は見つかっておらず、捜査は難航している。
犯人の目星さえ立っていないのに加え、事故とするにもどんな経路で覚醒剤が野崎さんの口に入ったのか、全く判明していない。

 

当初疑われた妻とお手伝いさん

事件は昨年5月24日夜、自宅2階の寝室で野崎さんが裸でぐったりしているのを妻が発見。
居合わせたお手伝いの女性が心臓マッサージするなどしたが、すでに死亡していた。
死亡推定時刻は午後9時ごろ。胃の内容物などから致死量を超える覚醒剤が検出された。
腕など身体には注射痕はなく、口から覚醒剤を摂取したとされるが、経緯は不明だ。
県警は、自宅と会社から約2千本のビールの空き瓶を押収して覚醒剤反応を鑑定しているが、結果はまだ出ていない。

当初自宅には20代の妻と50代のお手伝いの女性だけで、和歌山県警は2人の東京の自宅などを家宅捜索する一方、何度も事情聴取したが、覚醒剤などは見つからなかった。

疑われた2人のためにも早く結論を

野崎さんが資産家であったことから、一時は女性2人に疑いの目が向けられたが、今はメディアも静かになっている。

もし野崎さんが覚醒剤を自分で飲んだとしても、過去に女性を中心にいろんな人間と関わりがあったため、入手経路の割り出しは困難を極めているようだ。

当初疑われた2人の女性のためにも、警察は1日も早く結論を出すべきだろう。そうでないといつまでも2人の心は晴れないのではないだろうか。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.