未分類

組織的"ヤミバイト"による強盗殺人事件…頽廃する社会を投影か

投稿日:

事件記者時代、たくさんの強盗事件を取材したが、こんな酷い犯罪ができる社会に日本がなることは予想もしなかった。

関東一円で発生している複数犯による強盗事件は、ついに強盗殺人事件に発展した。
どうやら元締めがおり、ヤミバイトとして全国からアルバイト感覚で集まったクズが強盗チームを組んでいるようだ。

オレオレ詐欺グループがさらに悪質、凶悪化した集団かもしれない。

ハンマーで殴るなどかなり手荒いやり方の強盗致傷事件が続いていたが、ついに東京狛江市では殺人事件に発展した。


何の抵抗もできない90才の高齢女性が、縛られ殴り殺されるという、極めて残酷な手口だ。
それも若者ら複数の犯行というから、ことばも無い。

いずれも監視カメラなどの解析や、既に捕まっている犯人の年齢をみても、かなり若いグループだ。
先に別の事件で逮捕された現役自衛官のスマホに、狛江の事件をほのめかす形跡もあり、発覚した。

彼らは携帯電話で何者かの指示を受けながら犯行に及んでいるふしがある。"強盗チーム"をまとめている闇の組織は間違いなくありそうだ。

警察OBはSNSでそれぞれ知らない同士が集められ、チームを組んでいる可能性を指摘している。
まるでオレオレ詐欺の延長だが、恐らく参加している連中も、集めているヤツも"オレオレ"と全く同類だろう。

裕福な家を事前にリサーチして下見している気配もあり、3000万円が奪われるなど現実に多額の現金が奪われている。


こうした犯罪抑止には警察の地道な活動、交番のマメな地域のパトロールが重要になってきたと思う。

犯罪は社会を投影するが、それにしても…と思う。

(東京中野区で3000万円強奪犯の1人、永田陸人。狛江市で高齢女性が殺害された民家)

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2024 All Rights Reserved.