未分類

経営破綻もバーニーズ・ニューヨークのブランド名は残して欲しい

投稿日:

破綻したバーニーズ・ニューヨークの売却先決まる


百貨店不況は世界共通だ。アメリカニューヨークの高級百貨店バーニーズ・ニューヨークが経営破綻したのにも驚かされたが、このほど、譲渡先も決まったようだ。

しかしバーニーズニューヨークというブランド名はどうなるんだろう。
世界中にファンが多いだけに、ブランドの行方も注目される。

日本にはバーニーズ新宿店や三田アウトレットなど12店が

実は私もバーニーズのファンで、東京新宿へ行ったときは必ず新宿店に立ち寄った。
まだネクタイは何本が持っている。
息子が大学4年生の冬に、社会人になってから着こなせるようにど、コートを買ってやった。
いまだに冬、それを着て出勤するとセンスの良さを褒められというから、やはり都会的な仕上がりだ。

当時、新宿店でもニューヨーク店と同じく、黒服のイケメンスタッフが入り口に立ち、ドアを開けてくれるなど、アメリカナイズされた接遇に感激したものだ。

バーニーズ・ニューヨーク新宿店

あと神戸三田のアウトレットにもバーニーズは店舗があり、バーゲンの時は良くいった。

経営母体が替わってもブランド名は存続して欲しい

破産申請時には米国内に22店あり、うち15店を閉鎖し、ニューヨークやボストン、サンフランシスコなど7店の営業は続ける予定だったが、結局、断念に追い込まれた。

バーニーズは日本には1990年に初出店し、新宿店やアウトレットなど12店舗がある。
日本法人は2015年に流通大手セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社になっている。

今後、サックス・フィフス・アベニューという同業者にブランド使用権を与えるということだが、やはり有名な『バーニーズ・ニューヨーク』という名前は残して欲しい。

それより日本の店舗は、いずれもこのほど撤退が決まった徳島そごうを運営するセブン&アイホールディングスが所有するが、どういう形で残るんだろうか。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.