未分類

結局、河井夫妻を追い詰めたのは文春と世論。検察は褒められない

投稿日:

黒川さんがいなくても結局、自民党本部には切り込めなかった

麻雀好きの黒川弘務氏がいてもいなくても、本当はいまの検察の力というかやり方ってこんなものなのか?
河井克行・案里夫妻起訴までは良かったが結局、河井夫妻が買収に使った可能性の高い1億5000万円のカネについて、出所である自民党本部に切り込まないまま幕引きしそうだ(すでに決定していると推察される)

当然、ガサまでいかなければ、総裁である安倍首相や幹事長の二階俊博氏の事情聴取は100%及ばない(当初から予定にも入っていないと推察)

買収された100人、誰ひとり立件されない不思議

そして夫妻から買収され多額の現金を受け取った広島県議や首長、市議らが100人もいながら、誰ひとり立件されないのだ。こんな選挙違反事件は初めてみた。

起訴されなければ有罪云々以前の問題で、県議や市長、市議らも誰も犯罪者ではないから失職しない。汚ないカネを受け取り、身分も保証されたのだ(ごく一部の首長、議員は辞職)

カネをもらった連中がただのひとりも立件されないのに、夫妻が3000万円近い買収で起訴されるという、摩訶不可思議な事件となった。

150万円を受け取った天満祥典三原市長は辞職した

夫妻を有罪にするため100人を無罪放免する理不尽さ

元広島県議会議長は200万、元代議士の秘書に至っては300万ものカネを受け取っているが、何も問われず。
心配なのはこんな捜査が日本の選挙違反捜査の前例になってしまうことかもしれない。
公選法違反は司法取引はできない。しかしこれは実質は司法取引じゃないかと、誰もが思っている。
恐らく大半の議員らは『場合によっては法廷でカネをもらった事実とその趣旨について証言をお願いします』と、検察からは依頼されている。結局、河井夫妻を確実に有罪にするため、100人を無罪放免にしてしまった。

100人に3000万円がばら撒かれ、当時は捜査もなく

今回の事件で驚いたのは、3000万円近いカネが地方議員ら100人にもバラまかれながら、地元広島県警も広島地検も選挙直後は一切、捜査していなかったことだ。

週刊文春がきっかけを作り、さらに世論の後押しでやっとできた事件だったんじゃないだろうか。

本来なら手錠をかけられた可能性も大いにあった地方議員らが、胸を撫で下ろしている理不尽さ。今後の全国の選挙違反捜査に大きな禍根を残すのは間違いない。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.