未分類

羨ましい友人の勤務先。安定性からトップは公務員、民間ならトヨタ

投稿日:

 

もっとも羨ましいのは抜群の安定性

もうこの歳になると今さらだが、友人の勤め先が『羨ましいなぁ』と、感じたことは若い時は良くあった。
こんな思いの人は結構、いるようである調査では47.7%、約半数の人にそんな経験があった。

こんな経験を持つ人は、『派遣・契約社員の人』や、『年収が800万円~1000万円の人』に多く、無職の人と年収1500万円以上の人にはなぜか少なかった。

無職の人の希望はもっとささやかなものだろうし、年収が1500万円を超えている人は、今の会社で十二分な満足しているんだろう。

どこがうらやましいのかは、トップは給料が高い(72.6%)、福利厚生が充実している(50.1%)、安定性がある(36.7%)の順。残業が少ない(15.8%)、職場に異性が多い(3.7%)といった意見もあった。

1位は国家公務員、2位は地方公務員

具体的にどこが羨ましいかは、1位は国家公務員(17.8%)。「安定していて給料も保証され、景気にも左右されない」など、安定性が挙げられた。

羨ましさトップの国家公務員。こんな厳しい世界はないと思うが…

2位は地方公務員(13.6%)。同じく安定性が評価され「よほどの事がない限りクビにならないし、つぶれるない」と、うらやむ声が出た。

やはり民間トップは世界のトヨタ

3位はトヨタ自動車(6.9%)。「世界での認知度が一番高いし、労働環境が整っていて、給料が高い」「社員に対しても顧客に対してもきちんとしている」などと評価されていた。

4位はパナソニック(2.3%)。「技術を生かせる仕事で働きがいがあり、お盆や年末年始の休みも多く、ネームバリューがあって給料もいい」

5位はソニー、デンソー、三菱商事が1.5%で並んだ。

今いる場所で咲きなさい

ちなみに私が羨ましいと思った友人の勤務先は某女子大学の先生(説明する必要はない)旧東京銀行(昔、虎の門支店に寄ったら窓口全員、驚くほど可愛かった)

"隣の芝生は青い"とのことわざもあります。あんまり羨ましがらず『今いる場所で咲きなさい』笑

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.