未分類

自分の免許証の写真、気に入ったこと一度でもありますか?

投稿日:


なぜ犯人顔になるんだろ?


誕生日直前、免許証の書き換えに県警運転免許センターに。またしても違反者のC講習。もらうまでに2時間も、講師の話を聞いたりビデオを見せられたり。

自業自得とはいえ、無事故無違反で即、交付のゴールドの優良ドライバーに比べて何とめんどくさいことか。それでも新しい免許証を手にすると、次回こそゴールドをと、何度目かの誓いをしたものです。

昨日作成

ところで免許証の写真って何であんなに不細工で、何か事件をしでかした"犯人顔"になってしまうのか。単に警察で写すからか?

これは私だけでなく、ほぼ全国民が免許証写真の自分の顔を、悔やんでいるに違いないと思うが、間違っているだろうか? キムタクも伊瀬谷祐介も、長澤まさみや武井咲だって、恐らく納得していないだろう。


あれは向こうの写し方が悪い


順番がきて写真の器械?のところへ行くと、係が間髪入れず「はい、お座りください」

座るや否や「はい、写しま〜す・終わりました」

おいおい。髪を手で直すまもなかったやないか。ちゃんとアゴ引いてたか?ボタンダウンシャツやのに、ボタンしてなかったわ…などなど。

女性の場合は目をパチっと開けるか、アゴを引くかの違いで、出来上がった免許証はまさに痛恨の極みとなる。ゴールドだったら、5年もこれで行くんだよなぁ…

講習が始まる時間が迫っている時もあるだろう。かなり混んでる日もあるだろう。しかしせめてだなぁ、座ったら、10秒とは言わない。姿勢を正す時間、7〜8秒は欲しいとみんなが思ってることを係には忖度してもらいたいものだ。"座る〜写します〜終わりました"を、ワンセットにするなよな。

もちろん、最近は自分の気に入った写真を持参も可だが、やはりそれも面倒だな。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.