未分類

英語民間試験と桜を見る会中止で分かった庶民の怒りの大切さと報道

投稿日:

世論がきちんと怒り、メディアがそれをきちんと報道する大切さ。NHK筆頭に当たり前のことが全くできていなかったわが祖国・日本。正すことは正していこう。

まるで安倍首相や政治家の後援会行事と化していた『桜を見る会』

英語民間試験の大学共通テストへの導入問題。
そして今、大騒ぎとなっている桜を見る会運営の税金浪費のデタラメさ。
安倍晋三後援会だけで800人も招待されている異常さが明らかになるにつれ、官邸はこれはヤバイと判断したか。

安倍事務所に招待を受けた山口県議らは次々と自慢げに書いていた桜を見る会関連のブログを削除している。

13日午後には菅官房長官が記者会見で、桜を見る会の来年の中止を突如、発表した。

芸能人も本当にたくさん招待されている

英語民間試験同様、庶民の怒りと報道が官邸を慌てさせている

中止と判断した理由について、菅官房長官は「国民の皆さんなどから、基準がわかりにくい、プロセスが明確でない、予算人員が増えているなどの意見を真摯に受け止め、いったん整理した方がいいという結論に至った」と述べた。

この政権にしたら随分、対応が早い。
これ以上、騒がれたらよほど都合の悪いことがあるんだろう。

しかし中止を私が決めたという安倍さんからは説明もない。

安倍首相を筆頭に、国会議員枠として議員らの後援会関係者が多数、招待されている。

地元有権者が勝手にやって来て、勝手に帰るものでもあるまい。ここで議員からの接待が絡めば当然、公選法違反に発展する話もあるかもしれない。
官邸主導で早い幕引きを図ったのか。

安倍晋三後援会はなんとホテルニューオータニで前夜祭

ちなみに安倍後援会一行は前日にはホテルニューオータニで前夜祭を。会費程度でニューオータニで宴会は不可能。差額は誰が出したのか?バス17台で会場の新宿御苑まで移動した。

後援会報には「バスの前には無料で持ち帰るお菓子、和菓子、タケノコご飯をもらう行列ができた」と明記されている。
これらが事実なら公選法違反の供応にあたる。

また、桜を見る会の会場では「10メートル歩いたら山口県の人に出会うと、自民党議員に声をかけられた」などの記載もあった。

もうやりっぱなしの政権になってきた。
モリカケ疑惑では『私と妻が関わっていたら総理も議員も辞めます』と大見得を切ったが、関わっていたのに辞めていない。

だからその後、不祥事だらけでも誰も議員は辞めずに居座る。

不祥事へっちゃらは、捜査機関が動かない、動けないから?

とにかく、昔のまだ良識ある時代なら、それだけで内閣が吹っ飛ぶような不祥事がゴロゴロしている。

河井克行、案里夫妻の疑惑もそうだ。これを警察なり検察庁が何もできなかったとした、もはや発展途上国だろう。

すでに広島県警は秘書が運転、河井克行が乗る乗用車の60キロオーバーもの速度違反を見逃している。

庶民が普通に怒り、それを新聞やテレビもきちんと報じる。
今回の英語と桜で国民はよく分かったのではないだろうか。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.