未分類

西城秀樹さんに続き澄ちゃんも。同時代を生きた人の死は悲しい

更新日:

同じ時代を生きた人が亡くなるのは本当につらい。たとえ話したこともない芸能人でも。人生のはかなさに、否応なく気づく時だ。西城秀樹さんに続き星由里子さんも…

昭和〜平成を駆け抜けた

昭和から平成の40年間、歌手として駆け抜けた西城秀樹さんの死は、日本中に同じ気持ちの人があまりに多かったんだと思う。昨夜のニュース、報道番組はほとんどトップ扱いだった。

傷だらけのローラやYOUNG MAN、私たちの青春時代を彩り、アタマにしみ込んだヒット曲の数々。

ドラマ寺内貫太郎一家でのお父さん役、小林亜星さんとの本気のバトル。おばあちゃん役、樹木希林さんとのユーモア溢れるやり取り。

自分にとっても青春真っ只中の時代だったから、いろんなことが蘇ってきた。

脳梗塞の後遺症と闘った

2度にわたる脳梗塞にも負けなかった。病気の後遺症と真摯に向き合い、また歌をうたうという強い気持ちを持ち続けたのも、多くの人に勇気を与えた。

私はカレーをよく作るが、ルーはずっとハウスバーモントカレーだった。これからもずっと使うことになると、思う。

マドンナ星由里子さんも

そして今朝、またしても悲報が。加山雄三さんの若大将シリーズの永遠のマドンナ、星由里子さんが亡くなった。

青大将に言い寄られ、危機一髪の澄ちゃんを、若大将が必ず救出に。ワンパターンの展開だったが、星百合子さん扮する澄ちゃんのお嬢さまぶりにみんなが憧れた。

心からご冥福をお祈りします。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.