未分類

西野監督の勝負勘と男の決断に感服。決勝Tで批判をかわせ、ジャパン!

投稿日:


素晴らしい西野監督の勝負勘と、決断の男らしさ


悲願の決勝トーナメント進出はしたものの、西野ジャパンのポーランド戦の戦い方に、世界のメディアからの批判はもちろん、国内でも賛否両論の声が上がっている。しかし私は最後のわずか10分、あのような形を選択した西野の監督の勝負勘、そして最も大切な結果のために危険な決断ができる男らしさに、改めて感服した。


まさかフェアプレーポイントとは


決勝トーナメント進出はポーランド戦で勝つか、引き分けで決定。そしてコロンビアーセネガル戦で、どちらかが勝ち、さらに得失点差で勝れば決勝Tに進出できることになっていた。

気になるコロンビアーセネガル戦も同時刻のキックオフ。恐らくポーランド以外の3国のそれぞれのファンは、同時進行の二つの試合の行方にヤキモキしたことだろう。

日本がポーランドに敗北濃厚な展開の中で、決勝Tに進出できる可能性は極めて低くなってきたが、コロンビア、セネガルのどちらかが負けその得失点差以外に、まさかイエローカードの数でも順位が左右されるのは、知らなかった。フェアプレーポイント!この時点で日本が4、コロンビアに負けているセネガルが6…少ない方がいい。

西野監督タイに持ち込むことは諦め、0-1で負けること、その代わり絶対にイエローカード、レッドカードをとられないこと。その結果、あのパス回しの締めくくりになった。


批判覚悟であの決断ができる西野監督のリーダーシップ


しかしこれとて、物凄い苦渋の決断がいる。もし最後の数分でセネガルが1点入れたら全ては終わる。セネガルの最後の猛攻は凄まじいものになるはずだ。

これだけ考えても、西野監督の決断は相当、勇気が必要だし、試合に勝つ〜決勝Tに進出という最大目的のためにはナイス采配だったと確信する。

西野監督はポーランド戦前日の、選手帯同の記者会見に川島を同席させた。世界のメディアから嘲笑されていた川島にとっても、記者の質問を想像するにつけ、勇気がいったと思う。

この対応は一番大切な試合にも川島を使うという意思表示。さらにこのまま引っ込めたら川島のサッカー人生が終わってしまったからだ。

オリンピックの野球で、大失態を重ねたBB佐藤を最後まで使った星野監督が『あれで交代させてたら、あいつの人生が終わってたよ』と、話していたのを思い出した。

ベルギー戦🇧🇪が楽しみだ。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.