未分類

角さんからガースーまで。ニックネームで呼ばれた総理は…

投稿日:

『ヨシ』と『ジョー』は仲良くなれるのだろうか

菅首相とバイデン大統領は『ヨシ』と『ジョー』と呼び合うそうだ。まだ会ったこともないのに…と思うが、日米トップがニックネームで互いを呼び合うのは悪くない。『ガースー』と呼んでくれなどと言わなくて良かった。

ちなみに義偉(よしひで)ジョー・バイデンだから。

ぜひとも今後はジョーとは対等に話しをして、押しつけ外交は毅然と拒否して欲しい。誰かさんみたいに無駄なものをたくさん買わされないように、心から願いたい。

そして菅首相が愛国者であるならば、取り敢えず日米安保条約の中の"日米地位協定"の撤廃を申し入れて欲しいものだ。

『ロン』と『ヤス』は最高のパートナーだったという

日米トップは愛称で呼び合ったケースはそれほどないが、ロナルド・レーガンさんと中曽根康弘さんの『ロン』『ヤス』は有名だ。
アメリカのメディアでもこれで通っていたし、2人は完全にロン、ヤスの間柄だった。

レーガン大統領の回想録では『ヤスは世界の指導者の中で最高のパートナーであり親友だった』と書かれているから、本気のロン、ヤスのお付き合いだったようだ。
しかし中曽根さんのことをヤスなどと呼ぶ国民は1人もいなかった。

本当に仲が良かったロンとヤス

本人望むも誰も栄ちゃんとは呼ばなかった佐藤栄作

日本の歴代総理大臣で、国民からニックネームで呼ばれた首相はほとんどいない。マスコミ的にはあっても、取り立てて国民には定着しなかった寒いものはあるが。

佐藤栄作さんなどはあまりの国民的不人気に『国民に栄ちゃんと呼ばれたい』とアピールしたが、誰も呼ばなかった。

マスコミ的には福田赳夫さんが総理大臣退任後、『昭和の黄門様』、小渕さんの電話が『ブッチホン』、比較的普及した細川護煕さんの『殿』とか。野田佳彦をメディアはどじょう宰相としたが、私はこの人物だけは無理だ。

一番、国民が馴染んだ首相のニックネームは『角さん』だ

こうして振り返ると、全ての国民にニックネームで呼ばれた総理大臣はいなかったが、1人だけいた。高等小学校卒。ガースーとは違うホンモノの叩き上げで総理大臣まで登りつめた田中角栄さんだ。

やはり角さんだ


今太閤ともてはやされ、政界でも角さんだったが、普通に国民にも角さんと呼ばれた。功罪相半ばするがやはり今だに懐かしむ人は多い。

だれであっても庶民の心に寄り添わなければ、国民からニックネームで呼ばれないだろう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.