未分類

超リストラ経営者ゴーンのヤミがやっと暴かれる⁈特捜部が逮捕へ

投稿日:

 

報酬を過少申告。ゴーンのヤミが暴かれる⁈

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、東京地検特捜部に逮捕されそうだというニュースには、驚いた。
自分の報酬を過少申告した疑いとのことだが、これがなぜ金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑になるんだろう。また詳しく新聞記事を読みたい。
この時間からの任意同行だ。特捜部は間違いなく逮捕するだろう。

徹底的に血も涙もない容赦ないリストラで経営を立て直しただけに、『ざまあみやがれ』と思う人は多いだろうな。
まだまだゴーン会長に関するいろんなことが出てきそうだ。

 

報酬、なんと3社で19億円!お引き取り願うのが遅すぎた

ゴーン会長といえば日産だけで10億を超える報酬を取っていたが、会長になり昨年度は自ら7億台に下げていた。
氏は仏ルノーの会長兼CEO、三菱自動車の会長も兼ねている。ルノーの役員報酬は740万ユーロ(約9億5千万円)、三菱自は2億2700万円。3社合わせたら17年度の役員報酬は約19億円にのぼっている。

一流大リーガー並みの年俸。この負担を考えたら日産は何故いつまでもこのリストラ男を置いておくのか。そろそろお引き取り願ってもいいんじゃないのかと、いつも思っていたが、やはりなという感じだ。

当初は国際的なカリスマ経営者の凄い部分ばかりが強調され、陰の部分はあまり表に出なかった。拘置所に入ることになればいろんな話しが噴出してきそうなリーダーではある。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.