未分類

輝き失った小池百合子都知事。都民ファーストも希望も終わった感じハンパなく…

投稿日:

われわれの世代から見たら、小池百合子都知事は結構かわいい、イケてる女性だ。だから声援をおくったが、苦労すると、人気が落ちるとこんなに雰囲気が変わってしまうのか。

あんなに輝いてたのに

2年前、都知事選挙の時は本当に輝いていた。

そして都議選挙。小池百合子の名前と都民ファーストの名前だけでほぼ全員が当選した(小池の名前がなくとも当選したというヤツは言ってみろ 笑)

勝って兜の緒を締めよ

過ぎたるは及ばざるがごとし

本当に先人はわれわれを戒める言葉を残してくれたものだ。

希望の党が余分だった

あの衆院議員選挙がなかったら。『希望の党』などという、訳の分からん党を立ち上げなかったら。排除しなかったら。当選のため右往左往する輩を集めなかった。まだ少しはマシだったかも。

希望からも実質離れ、希望の支持率は0コンマ台だから笑えるし。

東京大改革、暗礁に

都政に専念してるようだが、東京大改革ままならず、築地、豊洲もさらに暗雲立ち込める。

都政のブラックボックスを打ち破るどころかさらに小池ブラックボックスも。

都民ファースト議員が知事側近に質問を書いてもらっていた"やらせ疑惑"も発覚した。

もう一度小池百合子の輝いている姿を見たいのは私だけ?

へんな野心を捨て得意のパフォーマンスをガンガン都政で展開して欲しい。

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.