未分類

週刊プレイボーイは中学生の僕らにどれだけ刺激的だったか

投稿日:

1960年代、われら世代の思春期に大きな影響を与えた雑誌は『週刊プレイボーイ』と『平凡パンチ』ではないだろうか。

確か名古屋市立川名中学2年の時だ。
わがF組の渡部君が『こんな週刊誌が出たんだ。ヌードグラビアが凄いがや』と、学校に持ってきたのが創刊されたばかりの週刊プレイボーイだった。


渡部君は中2とはいえ僕らの中では大人びていた。マセガキだった。すでに資生堂の整髪料MG5を使っていたし、髪は毎朝ドライヤーで整えているとの話しだった。
確かにクシを胸ポケットに入れ、暇さえ有れば整えるなど、お洒落だった。

そんな大人な渡部君が買ってきた週刊誌だ。きっと凄いに違い無い。5〜6人でドキドキしながらページをめくったが、衝撃だった。

当時の僕らにはあまりに刺激的なグラビアが!ネットで何でも検索できる今どきの中坊と違い、こんなみずみずしい女性の裸など初めて見たからだ。とにかく生々しかった。

恐らく見たヤツみんなフル勃○していたのは間違いない(汗

のちに旭ヶ丘高校から東大へ行き官僚になったO君や、明和高校や向陽高校から名古屋大学に進学したFケンやC君ら秀才連中も、目を輝かせていた。

以後、毎週、渡部君が持参するプレイボーイを男子みんなが楽しみにしていたが、ある日、渡部君が職員室に呼ばれてしまった。

戻って来て言うには担任の山川先生にしこたま怒られたらしい。
渡部君は『クルマのグラビアが楽しみで買っているので、ヌードグラビアには関心ありません』と釈明したというが、そんなウソが通じるはずもない。

もう学校へは持ってこないことを約束させられ、最新号を没収された。
どうやら女子がチクったようだった。

プレイボーイ創刊号は平凡パンチから遅れること2年半。1966年11月15日号が創刊。へんてこりんな表紙は女性のカラダを動物に模したものだった。


トップ記事は"自殺直前のマリリン・モンローが電話したのは(JFKの弟)ロバート・ケネディだった"というものだった。
1冊60円だから中学生でも買えたのだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.