未分類

酒から睡眠薬、抱えて連れ込む様子も防犯カメラに。昭和大病院医師

投稿日:

 

要はボンクラ息子だからと思う

名門大学や私立の医学部のボンクラ息子って、どうしてここまで世の中をなめているんだと、性的暴行事件の度に思う。

つい先日も早稲田"スーフリ事件"の『和田さん』の週刊誌での懺悔録が出ていたが、女をモノ扱いするのが強姦事件に連座する連中の共通項のような気がします。

これも最近、強姦などで5回も逮捕された慶応大学の学生が、なんと不起訴となり多くの怒りを買っているが、今度は昭和大学病院の若いクズ医師2人が20代女性2人に酒とクスリを飲ませたうえ、自分らのマンションに連れこみ、性的暴行。準強制性交容疑で逮捕された。

 

酒に睡眠薬混入か

同大学病院内科医金古政隆容疑者(28)と同大学病院研修医の大林久晃容疑者(26)。

上が金古、下が大林容疑者

 

2人は今年1月、東京品川区のカラオケ店で、20代の女性2人に催眠作用のある薬物が入った酒などを飲ませたうえ、品川区にある金古容疑者の自宅マンションに無理やり連れ込み、ひとりに性的暴行を加えた疑い。

2人は同病院の先輩後輩。金古は『酩酊状態の女性と合意でやった』、大林は『酔った女を乱暴したのは間違いないが、薬は知らない』と、話している。

金古のマンションに女性を抱えて無理矢理連れ込む様子が、防犯カメラに写っていた。

病院の処方箋がないと手に入らない薬物検出

女性が警察に被害を届けたもので、女性からはクスリの成分が検出されている。病院の処方箋がなければ手に入らない薬とみられている。
これはどういうことなのか?

しかし慶応の学生の事件など、最近多い強姦事件のニュースを見ていたら相当、アタマが悪くない限り普通こんなことはやらないだろう。
こうしたレベルの人間が人の命を預かる医者になっていることに吐き気がする。

東京地検は示談は別に粛々と事件処理を

どうせ親が多額の示談金を積むんだろうが、今や強姦は親告罪じゃない。
東京地検は民事の示談など考慮せず、粛々と事件処理を望みたい。

あと医師にもとる行為だ。医道審は医師免許を剥奪すべき。

スーフリの"和田さん"の懺悔録を読む限り、強姦魔はいかに女性をモノ扱いしていたかが分かる。
このクズどもに医師免許などもってのほかだろう。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.