未分類

電力供給過多で太陽光発電を停止。釈然としないのは頭が悪いから⁈

投稿日:

説明されてもまだ釈然とせず…

理系じゃないし電力会社の技術屋じゃないから全く理解出来ないが、何故電力供給が過多になったら太陽光発電など自然エネルギーからの供給を休止しなきゃならんのか。なぜ原発に譲らなきゃいけないのか。

ニュースなどの解説を聞き九州電力の対応は、太陽光発電など自然エネルギーへの嫌がらせが目的ではないことはなんとか理解はできたが、やっぱり釈然とはしない。

どの電力会社管内でもおこるのか?

説明では、電力の供給が需要を上回り、需給のバランスが崩れ大規模な停電につながるおそれがあったとして、全国で初めて、太陽光発電を一時的に停止させる「出力制御」を13日、実施したというもの。

13日はお天気もよく土曜日だったので電力の需要は少なく、43万kW供給が需要を上回ることが予想されたからとか。太陽光発電の一部の事業者に一時的に発電の停止を求める「出力制御」を全国で初めて実施した。
翌14日も同じく。


九州の大規模なメガソーラー

四国はこの夏前、一瞬だが計算上は太陽光など自然エネルギーだけで4県の電力需要を賄った。伊方原発が動きだしたら、九州電力のような事態に陥るのだろうか。

原発は国策事業を改めて実感

今回の措置で改めて"原発は国策"であることを実感した。反面、これだけ自然エネルギーが増えてきたなら、今後、原発再稼働を抑制していくべきだ。
そもそも東京電力福島第一原発が未曾有の事故を起こし、全国の原発を停止させたから代替エネルギーとして太陽光発電などが急速に伸びたんじゃなかったのか。
自然エネルギー関係もすでに立派な事業として一人歩きしている。こちらが泣き寝入りしなければならない理由はないと思うが…

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.