未分類

青春の記者シリーズ〜自慢話しを2つほど。朝刊で抜いた殺人事件

投稿日:

 

交通事故を"輪禍擬装殺人"と見破る

殺人やら強盗を強行事件というが、結構、得意分野だった。ちょっと勘を働かせれば特ダネを取りやすいし、日頃の警察官との付き合い、信頼関係が仕事に繋がるケースが多かった。

朝毎読やNHK、民放が、単なる交通事故扱いしたり、転倒事故扱いしたものを、私だけが朝刊で『殺人』の大見出しで完璧に抜いたことが2度あった。

まだ結婚前の日曜日、家内と池田町までドライブした日のこと。
池田支局には仲の良い2つ先輩がいたので立ち寄ったが、谷底に乗用車が転落、中年男性と女子大生の2人が死傷する事故があったとのこと。
支局前に警察署があったので窓から覗いたら随分と警察車両が。見たら本部捜査一課の刑事もいるじゃないか。

交通事故で本部一課?と当然、思ったが、先輩の支局が池田在住記者の溜まり場らしく、朝毎読の3人がワイワイ話しをしている。
田舎の記者の馴れ合いぶりに少しイライラしながらも、彼らが帰ったのを見越して直ぐに本部捜査一課へ電話を。

何と日曜日なのに一課長がいるし、刑事部長もいる。私は完全に"交通事故を装った殺人"と、ピンときたのでぶつけたら一課長は『もーさんとおんなじ考えだけどまだクルマ引き上げてないから…』と。

血で書いたメッセージ

先輩には『輪禍を擬装した殺人や!交通事故ちゃうよ』と教え取材開始。夜遅く、谷から引き上げて防水シートを被せたクルマの内部を、先輩が見つからないよう懐中電灯で照らしたところ、何と天井に血文字が!
瀕死の重傷を負った女子大生が意識朦朧とする中、『犯人は○○』と、犯人の名前をしたためていたのだ。

当然、超特ダネ!他社が交通事故にした記事の中、朝刊で"輪禍擬装殺人"大見出しが躍った。
血文字はやはり大ニュース。各社夕刊で後追いし、読売は社会面トップだった。

 

遺体の傷で殺人を確信

もう一つは、徳島市の城山というところで夜、散歩中の老人が倒れ、亡くなっていた。記者クラブにはまだ各社残っていたが、単なる行き倒れと判断したのか、それ以上取材せず引き上げてしまった。

私は少し気になったので現場まで行くと、ライトを照らしかなり細かな鑑識をしている。直ぐに警察署に戻ると、たまたま司法解剖に向かうためクルマに乗せるホトケさんを目撃。
老人は禿げ頭だったが、何と頭のてっぺんに大きな傷が。前に倒れても後ろに倒れても頭頂部に傷はできない。
間違いなく頭頂を殴られたと判断。警察発表は未明までなかったが、殺人と断定し朝刊を降板した。

自慢話しになりましたが、やはり常に仕事のことを考えていた注意力と、日頃の人間関係がくれた特ダネでした。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.