未分類

首都圏の大学生、家賃は月6万円!高い部屋は東大生がトップ

投稿日:

 

東京の大学から、地方出身者が減るはずだ

首都圏の大学に進学する地方出身者が減っているというが、当然だと思った。都内の大学へ進学した新入生の家賃・管理費の平均額は59700円で、ほぼ6万円にもなっている。
これ以外に生活費は最低6〜7万円、さらに私立なら文系、理系でかなり差はあるが、年間授業料が100〜200万円。
奨学金とアルバイトで頑張って貰わないと、普通のサラリーマン家庭では大変だ。2人いれば✖️2ということになる。

首都圏で学生マンション、アパートを手配する『学生ウォーカー』がまとめた。
男女では男子学生は57500円、女子学生は62300円と、女子学生が約5000円も高くなっている。やはり女子は親も場所とセキュリティーにこだわるからか、どうしても高くなるんだろう。

大学別ではやはりというが東大がトップで69750円。続いて東京工大65800円、立正大学64600円、早稲田63900円、青山学院63200円が高いベスト5。
都心に近い大学ほど学生の家賃も当然、高くなってくる。

奨学金とアルバイト抜きでは生活は無理

わが家も娘、息子が東京で重なったから大変だった。7〜8万円の部屋だったが、2人とも毎月、奨学金を5万円貰っていた。
娘は上京するなりアルバイトにも精を出していたし、息子も夕方から深夜、ネットカフェで働いていたから、結構、収入はあったようだ。
新宿という場所柄、怖い目にもあったようだが、社会勉強にもなったと思う。
でももう1人子どもがいたら絶対に地元の徳島大学にいってもらったと思う。
進学先を決めるのは、十分、生活面での下調べが必要ですね。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.