未分類

高校野球はやはり丸刈りがいい?でも少しずつ減る傾向

投稿日:


野球はやはり丸刈りがいい⁈


高校野球部のツルツルの五厘刈りより、金髪に染めたり伸ばしたりのサッカーの自由さ、野放図さが好きだ。自分が絶対、丸刈りはしたくなかったので、ボウズ頭はやはり苦手だ。ヘタを売った後輩が自らアタマを丸めてきたヤツがいたが、それで特に反省しているとも見えなかった。

しかし野球〜ボウズ頭は必然性もあるのかもしれない。守備の時は帽子、打席に立つ時はヘルメットだから、長髪だと汗で大変なことになるのかも。

大阪桐蔭ももちろん丸刈り

逆にサッカーやラグビーが五厘刈りだったら、いつもアタマに怪我をしてしまうだろう。

各地で甲子園予選の熱い戦いが繰り広げられているが、強豪校で長髪の学校は皆無では。甲子園大会の組み合わせ抽選会の模様をテレビで見ても、みんなツルツルの丸刈りだ。大会前は自分たちでバリカンを使い丸刈りにする風景がよくニュースでも取り上げられている。


少しずつ減る野球部の丸刈り


データをみると以外なことに、全国3939校の野球部で丸刈りとしたのは76.8%だった。大半と思ったていたが、やはり少しずつ丸刈りは減ってきていた。丸刈りまでいかなくともスポーツ刈りも増えてきたという。

丸刈りのメリットは清潔で安価、野球に集中できる、伝統など。長髪も可としている学校は、やはりお洒落な生徒の野球離れへの対応のようだ。

PL時代の清原と桑田。長めの丸刈り?

確かに丸刈りにすることで遊びには目もくれず、野球一筋に集中できるのかもしれない。こんなストイックな理由から自ら丸刈りを選ぶ生徒は多く、これも野球に賭けた青春なんだろう。

丸刈りでも長髪でもとにかく頑張れ!

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.