「 月別アーカイブ:2019年04月 」 一覧

国の慶事に水を差す卑劣さ。今後お子さまたちの警護の再検討が必要だ

2019/04/30   -未分類

  この時期を狙った気持ちの悪い犯行だ 平成から令和へ静かに時が過ぎる中、まるでこの時期を見計らったかのような卑劣な犯行だった。 何者かが東京都文京区大塚、お茶の水女子大学付属中学校に侵入。 ...

平成の30年に感謝し、『令和』が良い時代になることを祈ります

2019/04/30   -未分類

  慌ただしかった平成の初日 昭和最後の日、私は新聞社で宿直だった。そして明けて共同通信の速報で上司や同僚を呼び出し『天皇陛下 崩御』の号外準備、発行し、慌ただしく平成がスタートした。 &n ...

日本の原風景…岐阜県郡上八幡を訪ねて感動した流れる水の美しさ

2019/04/29   -未分類

  郡上八幡、日本の原風景みたいな街 日本三大名泉のひとつ岐阜県の下呂温泉に行った。そしてずっと訪れてみたかった郡上踊りで有名な郡上市八幡町の街にも立ち寄った。 戦国時代、標高300mを超え ...

大切な子どもを守るためにPTAに参加する意義はある

2019/04/29   -未分類

  どこも同じ?PTA役員改選の重苦しさ PTAの役員を自ら引き受けてくれる人は立派だ。この時期、全国の小、中学校でPTAの役員改選が行われているが、すんなり役員がきまる学校はかなり珍しいの ...

北アルプスの山々を望む西穂高で平成の終わりを迎えることができた

2019/04/29   -未分類

  素晴らしい天候で北アルプスの大パノラマを "さようなら平成"を北アルプス穂高連峰で迎えることができました。 この朝、北アルプスは前日の吹雪と打って変わり、薄い雲もところどころあるものの感 ...

買収、供応など金権選挙は本当に完全に姿を消したのか?

2019/04/28   -未分類

  聞こえてこない買収や酒食のもてなし カネで買収したり供応(酒食のもてなし)で投票や投票の取りまとめを依頼する選挙違反を全く聞かなくなった。 統一地方選挙ともなると昔は各警察署が総力を挙げ ...

内定率、昨年よりハイペース。就活の達人は早くから企業研究に熱心

2019/04/28   -未分類

  前年よりスタートダッシュ、速く ことしの就活スケジュールも昨年同様、3月に企業エントリーが始まり、6月から企業の選考が開始となる。 ところが就活中の大学生、大学院生たちの企業内定率が昨年 ...

英検3級以上の中学生42%、準2級以上の高校生40% 凄いと思うが…

2019/04/27   -未分類

  中学生の英語力ランキング、徳島県は全国2位 これはビックリ!徳島県にとっては素晴らしいことだ。 文部科学省の中高生の英語力ランキングで徳島県は中学では都道府県の中でなんと第2位となった。 ...

女性議員、躍進ではないが確かな手応え感じた2019統一地方選挙

2019/04/27   -未分類

  女性市議、わずかだが過去最高に 統一地方選挙後半も女性の当選の増減が注目されたが、市議会議員選挙では1239人が当選。過去最高だった2003年の1233人をわずか6人だが上回った。 鹿児 ...

大企業の賃上げわずか2%台の体たらく。労組は闘っているのか?

2019/04/26   -未分類

  春闘〜労働者諸君は文字通り闘っているのか? われわれ世代は『春闘』というと、上京して初めて見た落書きだらけの国電(今のJR)を思い出す。 白のペンキで車体いっぱいに描かれた闘争スローガン ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.