「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

政治家の資質ゼロ。戦争発言丸山穂高、議員辞職はしないと居直る

2019/05/20   -未分類

  わずか3期目でもお騒がせ多く 以前から変なヤツだとは思っていたが、こんなヤツが衆院議員に3度も当選してきたとは、改めて嫌になる。 まだ3期目のチンピラ議員だが、メディアは結構、騒がせてき ...

トランスジェンダーに配慮した"男女兼用"の制服開発、進む

2019/05/20   -未分類

  『学生服を着たくない』『スカートを履きたくない』思い 性自認が女性というトランスジェンダーの人に『中、高時代の詰め襟学生服が死ぬほど嫌だった』と聞いたことがある。しかし男子校だったらしく ...

"ケセラセラ〜なるようになるさ"と教えてくれたドリス・デイ死去

2019/05/20   -未分類

  古き良き時代のアメリカの歌声だった 先日の新聞に小さな訃報が出ていた。ドリス・デイさんが亡くなったと。ケ・セラ・セラを歌ったアメリカの女優さんだ。97才となっていた。 1950年代、世界 ...

家庭を暴力支配した栗原勇一郎。殺人にも繋がるDVが増えている

2019/05/20   -未分類

  10人にひとりが頻繁にDV被害 妻へのドメスティックバイオレンス(DV)娘への壮絶な暴行。娘を殺害した栗原勇一郎に妻なぎさも暴力で支配され、娘の心愛さんを救うことができなかった。 こえし ...

ふるさと納税は当初の精神を徹底すべき。高齢者利用にもひと工夫を

2019/05/19   -未分類

  地場産品に徹すれば地方創生効果はある ふるさと納税も12年目を迎え、曲がり角にきたような気がする。 当初は有名人らが自分の出身地に恩返しの意味を込め納税し、そのリターンとなる自慢の地場産 ...

周辺への安定ヨウ素剤の配布より、原発の完全停止を望む

2019/05/19   -未分類

  ヨウ素剤を飲む事態になったら大変だ 原発の近くに住むだけでこんなクスリを常備させられること自体、自分なら極めて不愉快だ。 原子力規制委員会は原発周辺住民への安定ヨウ素剤の事前配布について ...

警察に来た飯塚幸三氏の姿に驚き。運転許した妻や息子の責任も大だ

2019/05/18   -未分類

  だれも付き添うことなくひとりで 東京豊島区池袋で乗用車を暴走させたうえ、青信号で横断していた母子をはねて死なせたうえ、10人に重軽傷をおわせた元旧通産官僚、飯塚幸三(87)は18日、入院 ...

AI時代迎え私立大文系も入試に数学が必要と。政府の審議会が提言

2019/05/18   -未分類

  もう私立文系も数学を"捨てる"ことはできないかも 国立大学志望者は例え文系でも苦手なりに数学の勉強をしなければならない。国公立大学受験はセンター試験必須だし、さらに最低限、数学を外す訳に ...

妻へのDVがなければ、娘は栗原勇一郎に殺されることはなかった

2019/05/18   -未分類

  妻子を暴力の恐怖で支配した栗原勇一郎 妻へのDVと子どもへの日常的な暴行、さらに性的虐待。夫であり父親が暴力で妻子を支配する家庭の状態は、想像を絶する。 なぎさ被告の裁判で明らかになった ...

働き方改革の厚労省がこれでは!深夜3時まで仕事の妊婦さんに衝撃

2019/05/18   -未分類

  妊婦にこんな酷い対応で何が働き方改革か! NHKのニュースを見て、これはちょっと尋常ではないと思った。 働き方改革を主導する厚生労働省で、妊娠している女性職員が、夜中の3時まで働いていた ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.