「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

安倍政権の圧力に屈し報道の自由度67位。記者クラブなど潰したら?

2019/05/04   -未分類

  世界で67位はドミニカやクロアチアなどより下 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF)」(本部・パリ)が、世界180カ国・地域を対象とした「世界報道自由度ランキング2019」を発 ...

バイクの老女を殺しかかった16才。『転倒見て楽しむつもりだった』

2019/05/03   -未分類

  親子でおばあさんに償いを 全くこんなお粗末なガキを育てた親の顔が見たい。というより自分の息子に殺されかかったおばあさんに心から謝罪し、きちんと生活の面倒もみてあげるのが当然だろう。 ニュ ...

三種の神器は皇位継承の証しだが天皇も中身を見ることはできない

2019/05/03   -未分類

  剣・鏡・まが玉を継承して初めて天皇に 三種の神器。これらの神器を所持することが皇室の正統たる帝の証し。天皇継承と同時に3種の神器も継承された。 このうち剣とまが玉が天皇即位の礼で新天皇に ...

町議会無投票当選者が任期初日に議員辞職という不可解

2019/05/03   -未分類

  議員なり手不足、ついにここまで しかし、こんなことは過去に前例がないようだ。ことしの統一地方選挙では全国の県議会議員選挙と、田舎の町村議会議員選挙で無投票当選が相次いだが、長野県辰野町で ...

廃墟と化した空き家が街と生活を侵食する。今こそ政治課題で解決を

2019/05/02   -未分類

  深刻な空き家問題を政治課題にすべきだ 20年以上も選挙をしていると、空き家がどんどん増えていくのを肌で感じた。例えばこちらが新人の頃、比較的新しかった分譲団地でも、選挙の度に空き家が増え ...

こいのぼりにお母さん鯉が登場したのは昭和中期以降というナゾ

2019/05/02   -未分類

  高いポールは減り、ミニサイズが普及 息子が生まれたら庭に高いポールを立てて、デッカい鯉のぼりを上げると、決めていた。息子が生まれたのは6月だったから翌年の端午の節句まで待ち、狭い庭に念願 ...

新皇后雅子さまのご活躍が、日本に真の女性の時代をつくる予感が

2019/05/01   -未分類

  新天皇皇后両陛下は唯一無二の存在だ 長らく体調を崩され、多くの国民が心配していたが、新天皇即位の日、雅子さまもまた新しい皇后陛下として和かな笑顔で天皇陛下に寄り添われた。 ずっと優しく微 ...

酷いことを!77才の新聞配達女性を殺そうとしたのに等しい犯行だ

2019/05/01   -未分類

  道路に張ったロープでバイク転倒 道路に針金やヒモを横断し、通過するバイクや自転車を引っ掛け転倒させる極めて悪質な犯罪がある。 運転者は前方へ飛ばされて大けがをしたり死亡する。まず軽傷では ...

陛下の御意志、平和な令和を胸に刻もう。政治は平成の総括と猛省を

2019/05/01   -未分類

  にぎやかで夢ある令和の幕開けだ 渋谷は新元号のカウントダウンでいつものように賑わっていた。 昭和天皇崩御からの平成は、自粛ムードの中、静かな新たな元号のスタートだった。 でもこうして全て ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.