「 月別アーカイブ:2019年07月 」 一覧

れいわ新撰組の闘いを見て、選挙と政治への概念が劇的に変わった

2019/07/20   -未分類

男がひとりで立ち上がり、闘いを挑むということ 昔、本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』という連載人気漫画があった。 その中で主人公戸川万吉が、『相手がどんな強大でも、1対1で男が死ぬ気で闘ったら、そう簡単に ...

やはり夏休みの原点は、吉田拓郎さんの名曲『夏休み』の風景だ

2019/07/20   -未分類

今日から夏休みとは、全く知らなかった 今日から夏休み。と言われても全くピンとこなくなった。子どもたちが小さい頃は長い40日間、どの辺りでどこへ連れて行くのか、家内と計画を練った頃が懐かしい。8月29、 ...

ガソリン〜放火。日本では最も怖いテロ・大量殺人だ

2019/07/20   -未分類

ガソリンを撒き散らし大量殺人を図る、凄まじいテロだ 徳島には年2回、マチ★アソビという大規模なアニメイベントがあり、全国からアニメファンが集まる。 それだけに34人もが犠牲になった京都市伏見区の『京都 ...

宮迫ついに引退。彼をスケープゴートにすることなく業界の体質改善を

2019/07/19   -未分類

反社との付き合い、宮迫だけをスケープゴートにするなかれ! 雨上がり決死隊の宮迫博之がついに引退に追い込まれたようだ。反社会勢力とのヤミ営業を重くみた吉本興業は、宮迫との契約を解消することを発表したから ...

ジャニーズ事務所にみるテレビ局の酷い忖度。タレントに自由な活動を

2019/07/19   -未分類

有力芸能事務所に忖度し、逆らえないテレビ局の残念さ ジャニーズ事務所へのテレビ局を中心としたメディアの酷い忖度ぶりは、誰でも分かっていた。なぜなら悪い話は何故かニュースになることがなかったからだ。 し ...

以前はセクハラ、今度はパワハラ、暴行。衆院石崎徹、また新潮に

2019/07/18   -未分類

セクハラ以来、3年ぶりの週刊誌登場、今度はパワハラ "自民党魔の3回生"だかなんだか知らないが、こういうチンピラ国会議員はホンマにアタマにくる。 衆院議員石崎徹(35)=新潟1区=が秘書にパワハラとも ...

後藤田正晴さんらの政治改革は、政権交代可能な二代政党制実現だった

2019/07/18   -未分類

政治改革の目玉として衆院に小選挙区制度が導入され早、四半世紀。政治は少しは良くなったのか⁈ これからは二代政党による政権交代があると語った後藤田さん 1994年、政治改革関連法が国会で成立した日、県議 ...

埼玉県蕨市で男子高校生が刺された事件は、どうもよく見えない

2019/07/17   -未分類

埼玉県蕨市で16日未明、男子高校生が自宅で何者かに首を切られた事件は、私的には違和感満載。犯人は刃物を持ったまま逃走、警察は殺人未遂事件として犯人の行方を追っているが、さてどんな展開になるんだろう。 ...

無党派層が動くと自民党が惨敗する時も、逆に大勝する時もある

2019/07/17   -未分類

参院選史上、最低の投票率になるかもしれない 『お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んでいただくようお願い申し上げます』。 安倍さんの新潟県上越市での呼びかけ。不倫の勧 ...

政権批判は干される?芸能人が政治課題に触れなくなった寒さ

2019/07/16   -未分類

政権批判をすると芸能人が干されるというのは本当か? 芸能人が政治的発言をしたら番組から降ろされたり、その番組が普通になくなったりしているという。 どうも本当のようだ。昔から皆無ではなかったが、最近は相 ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.