「 月別アーカイブ:2019年09月 」 一覧

本物の拳銃や刀じゃなくとも、人物によっては銃刀法違反が適用される

2019/09/15   -未分類

おもちゃでも所持する人間によっては銃刀法違反を適用 昔、事件記者時代、刃が竹でできているおもちゃの刀、いわゆるタケミツを持っていた暴力団組員が、銃刀法違反容疑で徳島県警に逮捕されたことがある。 これに ...

痛みなく高精度の乳がん検査装置、神戸大が開発。待たれる実用化

2019/09/15   -未分類

マンモグラフィーの痛みから女性を解放、かつ高い精度 女性に聞くとがん検診の中でも乳がん検診が一番嫌だという。あの乳房を思い切り挟むマンモグラフィーの痛さは尋常じゃないようだ。 がんの中でも極めて治癒率 ...

慶應大学院で学ぶロンブー淳で思う、いくつになっても学ぶ大切さ

2019/09/14   -未分類

少子化の中、社会人や年配者に広がる大学の門戸 昔と違って大学や大学院のハードルが低くなり、何才になっても向学心を満たしてくれる、受け入れてくれるところはいっぱいある。 少子化の中、大学も経営を考える上 ...

『月旅行と好きな女のため』会社を手放した男・前澤友作の、建て前

2019/09/14   -未分類

やっぱり凄い男であるとの認識は、何も変わらない 男の生き方には実は本音と建て前があって、どうしてもカッコつけたい時は建て前を通す。本音を言ったらあまりに現実的過ぎるからだ。 ヤフーがZOZOを買収、ネ ...

千葉県の大停電で、マイカーには常にガソリンをと再認識した

2019/09/13   -未分類

常にクルマにガソリンを入れておく大切さ分かった千葉大停電 台風15号の被害に伴う千葉県の大停電をみて、わが家にある2台のクルマには、常に出来るだけ早め早めにガソリンを入れておこうと、夫婦で話し合った。 ...

なかなか取れない男の育休。今だ仕事や出世が気になる?

2019/09/13   -未分類

男の育休の環境整備のためにも小泉環境相は取得すべき 今はさすがにそんなことはないが、10年も前はいろんな職場で育児休業を取得する男性社員がいると『元々変わってるヤツ』『出世はしないタイプ』とか、陰で悪 ...

産経46才記者が神戸新聞新人記者の記事真似る?記事を取り消しへ

2019/09/12   -未分類

産経記者、ルポを真似るとはいったいどうした 新聞記事を書く場合、当然、他社はどんな記事か、特にどんな視点で扱っているかはきちんと他の新聞を読む必要はあった。 しかし当然、資料として利用するだけで、記事 ...

文学部はいくなと怒られた時代もあった。好きな道を選んでこそ人生

2019/09/12   -未分類

メシが食えないから文学部など行くなと怒られた時代もあった 大学進学先を考えたとき、われわれ年代は『出ても就職はないから、文学部だけはやめておけ!』と、親どころか先生にまで言われた。実際、文学部など行く ...

見上げてごらん夜の星を…永六輔さん同様、夜空を眺めたあの日

2019/09/11   -未分類

切なさと明日への希望を感じる歌だった 九ちゃんの歌では『見上げてごらん夜の星を』が一番、好きだ。昨夜のNHK『令和に歌い継ぐ歌』で、オープニングでやっていた。作詞は故永六輔さん。永さんが早稲田の第二文 ...

猛暑の中、停電復旧目処立たず。組閣より対策本部が先だったのでは

2019/09/11   -未分類

千葉中心に長引く停電。組閣より対策本部が先だったのでは しかしよりにもよってこの猛暑の時、千葉県を中心に停電、断水に見舞われた地域の人たちは大変だ。 この猛暑も関東を直撃した台風15号の余波だろうし、 ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.