「 月別アーカイブ:2020年02月 」 一覧

社会不安が高まると日本人はウ○コが大量に出るのかも⁈

2020/02/29   -未分類

またしてもトイレットペーパーの買い占め騒ぎが起こっている。何か社会問題が生じると、日本人はウ○コが1日に何回も大量に出るのかも知れない。 半世紀前、オイルショックの騒動、なぜか再び 1973年のオ ...

未必の故意だ!元妻の証言で改めて分かった栗原勇一郎の異常性

2020/02/29   -未分類

やはりこの男、未必の故意による殺人罪で起訴すべきだったと思う。5回に及ぶ公判での元妻らの証言を聞き、その思いを強くした。虐待については何カ所も否定し争う姿勢だが、娘を死に至らしめたことを実は反省 ...

日本のリーダーの経済政策を反面教師にと指摘した米国一流紙の社説

2020/02/28   -未分類

米紙が指摘した日本のリーダーの経済政策を反面教師に 日本の新聞がこうやって分かりやすく書いてくれたら、国民が危機感を共有できるんだが…と、つくづく思う。アメリカのウォールストリートジャーナルの最 ...

過度なテレワークは経済活動や社会構造に影を落とす

2020/02/27   -未分類

今は本来の目的じゃなくテレワークをせざるを得ない環境だ 新型コロナウイルスへの感染を回避するため、大手企業や官公庁の一部ではテレワーク(在宅勤務)が拡大している。もちろん場合によっては働く機会を保障 ...

極端に少ないコロナウイルス検査。"汚染国"と見られないため?

2020/02/26   -未分類

少ないウイルス検査は、汚染国回避のためか? 新型コロナウイルスの感染者は日増しに増えているが、ウイルス検査をおこなった人は日本全体でまだわずか1000数百人しかいない。お隣韓国と比べてもケタ違いに少 ...

自民党に近い産経新聞世論調査で、内閣支持率36%へ急落の意味

2020/02/26   -未分類

内閣支持率、産経フジTVでいきなりの40%切りとは これは安倍政権にとったらかなり衝撃だろう。よりにもよって昔から自民党べったりと言われてきた産経新聞・FNN(フジテレビ)の合同世論調査で、内閣支持 ...

母親が週刊誌で見つけ勧めた『今から間に合う大学』を拒否したあの日

2020/02/25   -未分類

国立志願者に多い『第一志望は譲れない!』 国公立大学の前期二次試験も明日1日だけ。多くの大学学部ではきょうで終わったところも多い。まあ、センターと違うんだからあまり自己採点などせず、終わった人はゆっ ...

東大生は官僚や金融に代わり、なぜコンサルティングを目指すのか

2020/02/25   -未分類

3月1日から就活解禁。スーパーエリート東大生といえば官僚や政府系金融機関を目指すのがかつては本流だった。しかしここ数年、こうした傾向は打って代わり、東大生の人気を集めているのは外資系を中心とした『 ...

最後は新型肺炎も。悩ましきこと多かったたことしの受験生、頑張れ!

2020/02/25   -未分類

心穏やかざること多かったことしの受験生たち、頑張れ! いよいよきょうから国公立大学の前期二次試験。全国的に温かな日になりそうで良かった。来年の共通テストに絡む英語の民間試験導入の問題、さらに数学、国 ...

高裁決定に異議より、四電は伊方原発重大トラブルの徹底究明を

2020/02/24   -未分類

四国電力はちょっと驚きの対応だ。1月以降、伊方原発で重大なトラブルが続き、その原因究明も完全にできていない。にも関わらず伊方原発3号機の運転差し止めを命じた1月の広島高裁の仮処分決定 ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.