「 月別アーカイブ:2020年05月 」 一覧

マスク美人に共通するのは、目元のくっきり感だった

2020/05/22   -未分類

マスク美人に共通するのは目元のくっきり感だ 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスク着用が最低限のマナーとなった今、巷にマスク美人が増えている。もちろんマスクで顔が隠れているからではない。 私が『おっ! ...

今、一番に解明すべき問題は黒川氏と記者の賭け麻雀じゃない

2020/05/22   -未分類

検察人事がこれだけ問題にされているさなか、当の黒川弘務さんと新聞記者が3密の中で賭け麻雀をしていたことで、両者の癒着ぶりが改めてクローズアップされている。しかし元はといえば安倍首相の様々な闇が ...

コロナ不況!政府要請も就職氷河期世代を企業の大半は救済できず

2020/05/21   -未分類

バブル崩壊後、酷い就職難に見舞われた就職氷河期世代に対し、政府は昨年来、救済する方向で企業や自治体に働きかけてきたが、ここにきて企業の9割が採用できない方向であることが、共同通信社の調べで判明 ...

女性の化粧とイルカが歌う名曲『雨の物語』の思い出

2020/05/21   -未分類

運転中のクルマと電車内での化粧はいただけない 前のクルマが遅く左右に少し振るし、信号での再スタートが遅いのでどうしたものかと追い抜きざまにチラ見したら、何と40代、人妻風が運転しながら化粧直しをしてい ...

守護神・黒川氏がすでに邪魔になっていた安倍政権。切られたな

2020/05/21   -未分類

賭け麻雀も記者と一緒なら安心だった⁈ 政治家や公務員の皆さんはちょっと悪いことというか、やましいことをする時、新聞記者が一緒だと安心すると聞いたことがある。 彼らのその心情はなんとなく理解できる。ま ...

スポーツに受験にコロナは青春にここまで暗い影を落とすのか

2020/05/20   -未分類

全国大会出場の目標もなすすべなく夢と消え 卒業式や入学式は在校生に送られることもなく、マスクをして友だちと距離をとり、校歌や仰げば尊しも歌わない式だった。 一生懸命練習し、自分の体力や精神力の限界まで ...

検察、河井元法相を逮捕へのカウントダウン。在宅は国民が許さない

2020/05/20   -未分類

昔はこんな金権選挙話しはいっぱいあったが、最近ではかなり無防備な選挙違反事件であることは間違いない。これだけ派手にやれば広島県警も相当数、それも全県で情報収集くらいしていただろうに、何も摘発し ...

8都道府県除きスタバが営業再開!世の中少しずつ動き出した

2020/05/19   -未分類

地域によっては休業の誤差はあったものの、スターバックスコーヒージャパン(東京)は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため臨時休業していた全国1200店舗のうち約850店の営業を19日から再開した。緊急事 ...

優秀な学生は将来、必ず能力を社会に還元する。今こそ支援を

2020/05/19   -未分類

優秀な学生たちは将来、必ずその知性や能力を国家、地域に還元してくれる。このコロナ不況で親子ともども苦しんでいる学生諸君には、国はもちろん地方自治体もあらゆる形で臨時奨学金を出してあげることはできな ...

"岩手の奇跡"依然、続く。コロナ感染者ゼロ行進を米国紙も報道

2020/05/19   -未分類

"岩手の奇跡"がアメリカ紙でも紹介された。世界的なパンデミックの中、ポツンとただ1県、岩手県は新型コロナウイルスの感染者は1人もおらず、ゼロ行進を続けている。 感染拡大の中、なぜ岩手県だけがと、皆んな ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.