「 morimoto_ naoki72の記事 」 一覧

オミクロン禍、受験生はくれぐれも気をつけて、頑張って欲しい

2022/01/26   -未分類

『39°6分の熱で撃沈した早大政経入試と、インフルエンザでも闘った県議選の感動』 特に大舞台でプレッシャーを感じたことはない。でも自慢じゃないが大事の時はよくアクシデントに見舞われてきた。気が小さいの ...

一陽来復のありがたいお守りをいただきました

2022/01/26   -未分類

癌に勝ってねと後輩が 嬉しいなあ。ありがとう。 早稲田の後輩で盟友の東京中央区議会議員の青木かのさんから、早大生の守り神のような穴八幡宮(新宿区西早稲田)の有名なお守り『一陽来復』が届きました。 この ...

ポニーテールの女性は何故、魅力的なんだろう

2022/01/25   -未分類

『ポニーテールの魅力的な女子学生は、必ず成城学園前で降りた小田急線の思い出』 好きな歌にいるかの『あのころの僕』(伊勢正三作詞作曲)というのがある。 歌詞に 君の長い髪はとても/素敵だったと言いたかっ ...

女性が相手だとなぜ自分のことを『僕』と言うんだろう?

2022/01/23   -未分類

『いくつになっても女性相手だと自分のことは"僕"で通してきたが…』 女性が自分のことを言うのはだいたい『わたし』か『あたし』だろう。 しかし男はいろんな表現を使う。 『私』『僕』『俺』『わし』のほか ...

挫折からの立ち直り方を教えるのも、教育の大切な役目だ

2022/01/22   -未分類

『挫折からどう立ち直るかを教えるのが教育だと思う』 人生は辛いことはいっぱいあるけれど、ほとんどは命までは取られない。それなりにグッと踏ん張ればまた軌道修正はでき、浮き上がることができるものだ。 しか ...

山崎や響の芳醇な香りは心を豊かにする

2022/01/21   -未分類

『元来、酒に弱いから癌でも禁酒の辛抱はないが、山崎や響の芳醇な香りは恋しい』 お酒は元々、弱いから、癌になっても禁酒の辛抱はいらない。特に飲まなくても平気だ。 しかしウイスキーやブランデーは香りを楽し ...

犯人の学校は超優秀で名古屋では尊敬されている高校なのに…

2022/01/19   -未分類

『犯人はあの高校の生徒だと、名古屋で高校時代を送ったものは直ぐに分かった』 極めて幼稚な発想と手口に呆れてものが言えない。大学入試共通テスト東大会場で起こった高校2年生による3人刺傷事件。 犯人は名古 ...

癌病棟での闘いは結構、過酷なものがある

2022/01/17   -未分類

『癌病棟の戦友たち…辛くしんどいけど皆んな頑張ろう』 抗がん剤治療は普通、3週間毎だ。日帰りでする人もいるが、数日間、入院するケースが多い。あとは自宅療養だが、若い人は副作用に苦しみながらも仕事に復 ...

三木武夫さんと海部俊樹さんは自民党の"自浄作用"だった

2022/01/16   -未分類

『クリーンな政治家が時に引っ張り出された時代の総理、海部俊樹さんが死去』 自民党幹事長時代、クソ生意気で鼻持ちならない時代の小沢一郎さんが『みこしは軽くてパーがいい』と、海部俊樹首相のことを揶揄したこ ...

底冷えのする京都に行きたい

2022/01/15   -未分類

『京都は底冷えのする季節が魅力的。だから今、行きたい』 京都はなんて魅力のある街なんだと思う。このところずいぶん長いこと訪れてないが、行きたい気持ちはいつもある。 排他的だの他所者を受けつけないなど ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.