「未分類」 一覧

財務次官セクハラ問題。女性記者ひとり守り切れなかったテレ朝も恥じるべき

2018/04/19   -未分類

常にセクハラの危機 報道記者は男女問わず取材源からネタを取るためには、相手の理不尽な態度にさえ、辛抱して耐えなければならないことも多々ある。 記者時代、私でも『このヤロー』と思っても、"ここで喧嘩した ...

梅毒が急増中!国は早急に原因究明と対策を

2018/04/18   -未分類

性病は本当に怖い病なんだろうけど、感染への恐怖が、昔から性の乱れを抑制してきたのも事実だ。 それでもその時代、時代で何らかの性感染症が流行るから厄介だ。 梅毒が急増中 昔から、一般的には性病で1番怖い ...

またも文春砲炸裂!米山新潟県知事に何があった

2018/04/18   -未分類

まだ発売はされていないが、またもや文春砲が炸裂した! 新潟県知事に何が? 新潟県米山知事にはがっかりした。 独身だから不倫でない限り、だれとお付き合いしようが女性は何の問題もないのにと、思ったが…… ...

真の働き方改革は進んでいるか?非正規雇用を忘れるな!

2018/04/17   -未分類

国による働き方改革が進められている。 昔と今と働く時間が同じなら、間違いなく今の方がハードだ。 仕事の方法やスピード感がまるで違います。 職種の実態に応じて対応していかないと、サラリーマンらはその内、 ...

社を超えて鍛えよう。ジャーナリズムのために

2018/04/17   -未分類

新聞社に勤めている時、春はどんなヤツが入社し、県警記者室に配属されてくるかそれは楽しみだった。 わが社はもちろん、朝日、毎日、読売、NHKも必ず新人はくるので、これまた楽しみだった。 地元紙キャップは ...

輝き失った小池百合子都知事。都民ファーストも希望も終わった感じハンパなく…

2018/04/16   -未分類

われわれの世代から見たら、小池百合子都知事は結構かわいい、イケてる女性だ。だから声援をおくったが、苦労すると、人気が落ちるとこんなに雰囲気が変わってしまうのか。 あんなに輝いてたのに 2年前、都知事選 ...

ユーミン〜デビューから45年。今も昔もあらゆる世代の恋の指南役

2018/04/16   -未分類

ユーミン・松任谷由実さんが、デビュー45周年アルバム「ユーミンからの、恋のうた。」をリリースし話題になっている。 私より一級下。同じ時代を生き、いつもわれわれの人生を東京の女子大生やOLが主人公のよう ...

政治家の言葉が紙のように軽い今、政治家は大平正芳元総理に学ぶべき

2018/04/15   -未分類

昨今の政治家の嘘や暴言は本当に嫌になりますが、今こそ私の尊敬する政治家、大平正芳に学んで欲しい。旧大蔵官僚出身。1978~1980まで総理大臣。お隣の香川県の出身だ。 三角大福中の激しい党内抗争の時代 ...

先輩、シャブ中の拳銃発砲男に捕まるの巻〜

2018/04/15   -未分類

長いこと事件担当の記者をしてましたが、私は銃弾をかいくぐったような経験はもちろん、ありません。だから警察官が警察官に射殺された事件には、衝撃を受けました。 先輩、拳銃発砲男に捕まる! でも記者はいつも ...

エリート官僚受難の時代。若き日の高い志を取り戻して欲しい

2018/04/14   -未分類

財務官僚はじめとするエリート官僚たちの受難の時代だ。トップのセクハラ問題も出てきた。 一流大学を出て、厚遇の民間への誘いを断ち、敢えて給料が安く残業も底なしの職を求めた背景には、国家に奉職するという強 ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.