「未分類」 一覧

中日ファンはなぜアンチ巨人度が高いのか⁈許し難い過去もある?

2019/07/07   -未分類

星野仙一の闘志、気合いを誰が引き継いでいるんだ 中日ドラゴンズの応援団の応援歌の歌詞に、選手を"お前"とする歌詞があるとして、急遽この歌を自粛してしまったことが少し騒動になっている。 しかしそんなくだ ...

『童貞大国ニッポン』ではやはり良くない⁈

2019/07/07   -未分類

日本のオトナの未経験率、男女とも4人に1人の衝撃 どうも日本は世界の中でも童貞大国のようだ。東大のチームがこのほど調査研究結果をまとめたが、それによると18才〜39才の男の性行為の未経験率はなんと25 ...

健康長寿は7500歩/日の散歩が最適。ハーバード大学の調査で判明

2019/07/06   -未分類

歩けば病気は逃げるのは分かっているが、やはり田舎はクルマ社会 わが徳島県は糖尿病による死亡率が毎年、1、2位だ。糖尿病が原因となる慢性腎臓病や心臓病など様々な病気で亡くなる人が多いということだ。 原因 ...

自公堅調予想の中、何故か安倍首相設定の勝敗ラインがかなり低い訳

2019/07/06   -未分類

安倍首相が答える参院選勝敗ラインがだんだん下がっている。終始、安定した内閣支持率を示してきたほか、各社世論調査を見ても、なぜこんなに低いラインを設定するのか、自民党内でも意見は別れる。 自公堅調の中、 ...

私なりに鍛えた朝毎読の新人たち。映画『新聞記者』を観て欲しい

2019/07/05   -未分類

ごくたまに、朝日、毎日、読売新人には敢えて譲った特ダネ記事 地元紙の記者としては、地元ネタは若い朝日、毎日、読売の記者に負ける訳にはいかないが、他社とはいえ立派な記者になってもらいたいから、良いネタに ...

裁判員の正義は通じない⁈残虐神戸女児殺害で死刑を回避した最高裁

2019/07/05   -未分類

裁判員裁判の制度が導入され10年が経過した。とかく浮世離れした刑事事件の裁判官に、社会の常識や怒りを伝える意味でも良い制度だと歓迎したが、高裁で簡単に覆されるケースも多く、裁判官の前例主義はなかなか打 ...

事件記者で培ったスキル。人の秘密を聞き出すテクニックは実はある

2019/07/04   -未分類

"デカにしたい"は事件記者への最高の褒め言葉だと思う 事件記者をしている頃、『もーさんをホンマにデカにしたかった』と、何人もの刑事部幹部に言われた。 サツ記者としては最高の褒め言葉と受け取った。何でも ...

徳島で虐待に迅速対応できたのは、学校・児相・警察の見事な連携

2019/07/04   -未分類

虐待発見はやはり学校・児相・警察の迅速な連携しかない 自宅で次男に暴行した父親(50)が、傷害容疑で徳島県警少年女性安全対策課と捜査一課、名西署に逮捕されたが、学校、児童相談センターと警察は虐待の可能 ...

女性に金を貸す条件が"カラダの関係"とは!村職員が営んだヤミ金融

2019/07/03   -未分類

借金のカタにカラダで払ってもらう…のは、キワものドラマ キワもののテレビドラマや映画、あるいは三流劇画では必ずあったワンシーン。父親や旦那が事業のため、バクチのため暴力団系金融屋から多額の借金をしたが ...

二階発言は自民党選挙の真髄。政権を担うとは国家予算を握ること?

2019/07/03   -未分類

二階発言、普通は口には出さないが、自民党選挙の常識の範囲内 二階さんらしい話しだと思う。こういう発言をしたら選挙にマイナスなのに選挙応援に来てつい言ってしまう。 そこまで自民党が思い上がっているのか。 ...

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.