未分類

IR汚職でも名前が。白須賀議員、離党より衆院議員の辞職を

投稿日:

I R汚職でも名前が上がっていた自民党の衆院議員白須賀貴樹氏が、自粛期間中、麻布の高級ラウンジで遊んでいるのが文春砲にバレ、離党した。他にも問題は多く地元でも実に評判が悪いようだ。次は出馬しないと表明したが、即刻辞職すべきだ。

女性と赤坂でフレンチ、高級ラウンジへ同伴か

本人は東京歯科大出身の歯科医。実家が裕福でカネは唸るほど持っているらしい。やはり思慮が浅いからこんな社会が大変な時も遊ぶんだろう。

女のマンションに迎えに行き、赤坂でフレンチで食事のあと、同伴出勤で夜の麻布十番の会員制高級ラウンジに繰り出す。この時期だ。相当、頭が悪いか世間を舐めているとしか言いようがなろい。

"パパ活"していたとも言われている。小物だからまさか文春砲に狙われるとは、本人も思ってもいなかったのかもしれない…

銀座3人組の離党処分などなんの教訓にもならず

総理と二階さんの銀座での会食以来、これだけ政治家の会食や夜遊びが問題になっているのだ。

自民党では銀座で遊びながらウソをついていた衆院議員の松本純氏ら"銀座3人組"の離党も世間を騒がせた。同じく銀座で遊んでいた公明党議員の辞職など、この男にはなんの教訓にもならなかったようだ。

さすがの二階幹事長も直ぐに離党届を受け取ったが、党の責任において辞職勧告すべきだ。

これ以外にも問題多く、極めて質の悪い国会議員だ

困っている店を少しでも助けたかったなど、しおらしい顔をして釈明したが、困っている国民はラウンジの女の子や経営者以外にも無数にいるのだ。せめて地元千葉13区の困っている人の力になるべきじゃないのか。

まだ3期目のほとんど実績もない小物だが、あまりにお粗末な話しが多すぎる。

秘書が当て逃げ(本人同乗)や秘書らが県議選で自身が応援した候補者の対立候補のポスターを破った(不起訴)。

さらに昨年のIR汚職では逮捕、起訴された同僚の秋元司被告の事件に絡み、中国企業から100万円を受け取り、自宅の家宅捜査も受けた。職務権限が無いから立件されなかっただけだろう。

自身が経営に関係する保育園の従業員に対するマタハラ疑惑も問題になったこともある。
とにかくロクな話しはない。

自民党議員の質の低下、タガの緩みは末期的だ。まだまだありそうな気がする。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.