未分類

LS北見も藤澤五月もやはり爽やか。地元で久々にそだねーが

投稿日:

平昌以来の国内大会。北見の街にそだねー響く。やはり強かった


去年までだったら、今頃はカーリングって恐らく話題にもならなかったのでは?

私がこんなに詳しくなることもなかったと思います。

しかしきょうは地元北海道のテレビ局が生中継したほか、BSフジでも放送を。

LS北見、ロコ人気はまだまだ続いています。

やはり実力も十分、まず先勝

平昌オリンピックで銅メダルを獲得して以来、LS北見の初の国内大会となる2018パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦が18日から始まりました。

会場は聖地・北見市常呂カーリングホール。

富士急チームと5試合戦い、3つ先勝した方が日本代表に。

われらがLS北見はオリンピック後のカナダ転戦。藤澤五月、さっちゃんは途中、ミックスダブルスの世界大会に出場するためスウェーデンで戦うなど、休む間も無し。

しかし地元の声援にも押され9-2で大勝、貫禄を見せつけました。

やはり爽やか、ロコソワーレ

アメフトのラフプレーを巡り大きな問題になっていますが、われらがロコは爽やかそのもの。少しも驕ることなく、笑顔も『そだね〜』も変わらなかった。

もぐもぐタイムでも主催の全農から贈られたビワとさくらんぼを🍒食べてました。

いろんなメディアから、いろんなオファーも殺到してるようですが、リーダーの本橋マリリンがカーリングに支障がないよう、キチンと調整しているようですね。

この大会が終わると、カーリングは短いオフに入ります。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.